アクティブな投資家: 62471           テクニカルサポート: support@incloude.com support@incloude.com +18888181760 +448000418114

ニュース

Bitcoin
Bitcoin

親愛なるパートナー! BTCシステムでの作業は以前の体制に戻りました。 BTCシステムの資金の入出金は回復し、現在は安全です。

18-11-2017 詳細
Bitcoin
Bitcoin

今後のフォークに備えて、私たちはフォーク前後のサービスについて何が起こるのか混同しないようにするための手続きを透明にしたいと考えています。

Bitcoin Segwit2x(B2X)
Bitcoin Segwit2x(B2X)を使い始めるにあたって、ユーザーからの大きな需要がない限り、Bitcoinのこのバージョンはサポートされません。私たちは主なBitcoinチェーンだけをサポートします。 Bitcoin Segwit2xが必要な場合は、財布に資金を引き出し、硬貨の前に秘密鍵を制御する必要があります。


中断されたサービス?
11月16日午後11時59分(米国東部標準時)にBitcoinの取引をすべて停止することから始めます。これには、ウェブサイト、API、モバイルアプリからの入金、引き出し、コンバージョンが含まれます。これは、当社の決済プラットフォームにおけるシステム全体のビットコインの停止となります。失われた/紛失したコインを防ぐために、保留中のビットコインの引き出しやコンバージョンは、一時停止の前後にキャンセルされます。


再開されたサービスの推定時間?
Bitcoinネットワークが安定するまでの時間によって、11月17日または18日にシステムのBitcoinトランザクションが再開します。これは推定された時間です。ビットコインネットワークがフォークをどのように処理するかによって時間がかかることがあります。


私のコインには何が起こりますか?
理論的には、何もない。あなたの資金は当面安全です。ビットコイン操作を再開するまで、アクセスできなくなります。


他に何か?
一時停止中に行った預金は保証されませんのでご注意ください。再発する預金がある場合は、当面は無効にしてください。私たちはサービスの信頼性と安全性を確保するために最善を尽くしますが、フォーク中に送られた預金はコインを紛失する恐れがあります。サービスが完全に再開されるまで、Bitcoinsは入金しないでください。

17-11-2017 詳細
17日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と4日続落、貴州マオタイ4.0%安と反落
17日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安と4日続落、貴州マオタイ4.0%安と反落

17日の中国本土市場は値下がり。 
主要指標の上海総合指数は、前日比16.34ポイント(0.48%)安の3382.91ポイントと4日続落している。 
上海A株指数も下落し、16.93ポイント(0.48%)安の342.10ポイントで取引を終えた。 


白酒(中国の蒸留酒)メーカー大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が4.0%安と急落し、投資家心理の重しとなった。 
このところの同社株上昇について、中国政府系メディアの新華網が16日、投資家に理性的な行動を促すコメントを発表。 
同社の株価が突然急騰する理由は見当たらないと指摘した。 
16日の相場では同社株が急伸し、上場来高値を更新。 
年初からの上昇率は100%を超えていた。 
人気銘柄の上昇に水を差す発言が全体相場の足かせとなっている。 


業種別では、鉄鋼株や非鉄株の下げが目立つ。 
馬鞍山鋼鉄(600808/SH)が5.0%安、江西銅業(600362/SH)が2.6%安で引けた。 
これまでに公表された今年10月の同国経済指標では、消費や製造、投資などに関する統計が軒並み下振れている。 
景気鈍化に伴う商品需要の縮小が警戒された。 
海運株、ITハイテク関連株、バイオ医薬関連株なども安い。 
不動産株の一角も売られた。 


半面、金融株は高い。 
招商銀行(600036/SH)が4.6%、中国工商銀行(601398/SH)が3.1%、中国農業銀行(601288/SH)が2.5%、中国平安保険(601318/SH)が3.1%、中国人寿保険(601628/SH)が3.0%ずつ上昇した。 
金融業各社に対しては、業況改善の期待が強まっている。 


外貨建てB株相場は値下がり。 
上海B株指数が7.51ポイント(2.15%)安の342.10ポイント、深センB株指数が27.61ポイント(2.27%)安の1187.87ポイントで終了した。 

 

17-11-2017 詳細
JASDAQ平均は続伸、麻生フオームがストップ高で上昇率トップ
JASDAQ平均は続伸、麻生フオームがストップ高で上昇率トップ

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均   3670.02  +23.79 /出来高 8347万株/売買代金 726億円
J-Stock Index 3526.26  +60.26 


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは揃って続伸となった。 
値上がり数は418、値下がり数は224、変わらずは57。 
JASDAQ平均は買い先行で取引を開始、その後も終日狭いレンジ内での推移となった。 
なお、JASDAQ平均は足元で25日線を割り込んでいたものの、同水準を回復してきている。 

 個別では、麻生フオーム (T:1730)がストップ高で上昇率トップ。 
オンキヨー (T:6628)は、人工知能(AI)対応スマートスピーカー向けに音声認識を向上させるマイク振動抑制技術を開発したと発表し関心を集めた(特許出願中)。 
山田コンサルティンググループ (T:4792)
は、18年4月1日付で100%連結子会社及び孫会社の計5社を吸収合併すると発表している。 

夢真HD (T:2362)は年初来高値更新。 
10月度の「建築技術者派遣事業」における月次業績が材料視された。 
営業利益は前年同月比68%増の3.91億円だった。 
なお、営業利益は単月での創業来最高益となっている。 
その他、大東港運 (T:9367)、アバールデータ (T:6918)、フジコー<
3515>、三光産業 (T:7922)などが上昇率上位にランクイン。 

 一方、下落率トップは13%安の新都HD (T:2776)。 
足元の大幅上昇に対する利食いの流れ。 

ケイブ (T:3760)は後場急落。 
完全新作ゲームタイトル「三極ジャスティス」の公式サイトを公開したと発表。 
ただ、10月13日にコードネーム「3jus」としてプロジェクト始動とティザーサイトの公開を発表済みで、目先の材料出尽くし感が広がったようだ。 
その他、フジタコーポレーション (T:3370)、ピクセルカンパニーズ (T:2743)、大木ヘルスHD (T:3417)などが下落率上位にランクイン。 

 

17-11-2017 詳細
欧州為替:ドル・円は113円33銭まで上昇
欧州為替:ドル・円は113円33銭まで上昇

16日のロンドン外為市場では、ドル・円は113円09銭から113円33銭まで上昇している。 
欧州株が全面高となり、米株先物も上げ、米10年債利回りが2.36%台まで上昇しており、ドル買い・円売りが優勢になっている。 


 ユーロ・ドルは1.1797ドルから1.1768ドルまで下落し、ユーロ・円は133円26銭から133円44銭でもみ合っている。 


 ポンド・ドルは1.3144ドルから1.3200ドルまで上昇。 
英国の10月小売売上高が予想を上回る伸びでプラス転換したことを好感して、ポンド買いになっている。 
ドル・スイスフランは0.9898フランから0.9923フランまで上昇している。 

16-11-2017 詳細
シーズHD<4924>、エステサロン運営会社の全株式取得
シーズHD<4924>、エステサロン運営会社の全株式取得

シーズ・ホールディングス (T:4924)は、株式会社セドナエンタープライズの全株式取得・子会社化を決定した。 


シーズHDは、エステ・サロン事業の拡大を加速させるために、新たな顧客層の開拓、店舗開発の強化、エステティシャンの確保・育成を課題としていた。 


セドナエンタープライズは、首都圏のほか、大都市圏を中心に美容脱毛エステ・サロン、痩身エステ・サロンを全国で65店舗展開するエステティック・サロン・チェーン。 


本件により、シーズHDは、効率的な店舗開発・管理方法の共有や店舗スタッフ、エステティシャンの採用・教育の連携によるエステ・サロン事業の基盤の強化を図る。 


【ニュース提供・日本M&Aセンター (T:2127)】

16-11-2017 詳細
マザーズ指数は大幅反発、直近IPOのロードスターがストップ高比例配分
マザーズ指数は大幅反発、直近IPOのロードスターがストップ高比例配分

本日のマザーズ市場では日経平均が自律反発の流れの中で300円超の上昇をみせるなかで、マザーズ指数も連れ高となった相場全体のリバウンド基調を支援材料に、マザーズ銘柄でも売り方の買い戻しが目立ったこれまで調整をみせていた直近IPO銘柄に資金が回帰したほか、好業績銘柄への断続的な買いがみられたことも投資家心理改善を後押ししたなお、マザーズ指数は大幅反発、売買代金は概算で1074.56億円騰落数は、値上がり186銘柄、値下がり52銘柄、変わらず7銘柄となった
 個別では、東海東京証券による評価引き上げを受けたSHIFT (T:3267)や株式分割実施を発表した直近IPO銘柄のロードスター {{|0:}}のほか、前日に決算発表のあったリネットジャパン
(T:3675)などがストップ高比例配分となったまた、売買代金上位では、増配を発表した串カツ田中が上場来高値を更新したほか、足元で調整の続いていた直近IPO銘柄のPKSHA 
や業績評価の続く中村超硬が上昇したそのほか、マザーズ時価総額上位銘柄のそーせいやGNI、ユナイテッドなどが堅調な動きに一方で、フィルカンパニーやUMN、クロスマーケなどは売られた

16-11-2017 詳細
高金利通貨メキシコペソが押し目買いチャンスか? サンワード貿易の陳氏(三井智映子)
高金利通貨メキシコペソが押し目買いチャンスか? サンワード貿易の陳氏(三井智映子)

フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。 
東京金融取引所は2017年10月30日から「くりっく365」でメキシコペソと日本円の通貨ペアの取引を開始しました。 
政策金利がトルコリラや南アフリカランドと並んで高いことで人気となっています。 


「くりっく365」のメキシコペソについてサンワード貿易の陳氏のレポートでは、『メキシコペソ円は、取引単位が10万通貨で、証拠金は11月10日時点で2万3780円(11月13~17日は2万3810円)で、10月30日から11月9日までの1日あたりのスワップポイントの平均値は118円』と伝えています。 
スワップポイントとは取引する通貨の金利差に応じて受け取れる金利のようなもの。 
スワップポイントで利益を得るにはメキシコペソは魅力ある通貨と言えますね。 


メキシコペソの値動きについて、陳氏によると、『メキシコは米国経済との結びつきが非常に強く、メキシコペソは米国の政治・経済動向に左右されやすい』と伝えています。 


具体的には、『米大統領でトランプ氏の当選を受けて、対ドルで急落したため、メキシコペソ円も急落した。 
2017年に入ってからも、トランプ政権の対メキシコ通商・移民政策に関する不透明感からメキシコペソの下落基調が続いた』ことを挙げています。 


こうしたペソ安に歯止めをかけるため、『メキシコ銀行(中央銀行)が機動的な利上げを実施し、新たな為替ヘッジプログラムを発表』したことで、ペソは反発しました。 
しかし、『8月半ばに開始された北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉では、大きな進展が見られず、米国が保護主義的な通商政策を打ち出す可能性や、合意不成立の場合に離脱するリスクが意識され、10月半ばには、5月初旬以来約5ヶ月振りの水準に下落した』と分析しています。 


しかし、『10月17日に米国・カナダ・メキシコの3ヶ国で共同声明を発表し、協議継続の方針が確認されたため、ペソは反発した』と伝えており、政策金利が高いことや価格水準が『年初高値からの0.38倍押し水準に相当し、押し目を形成しているといえそうだ』との見解を示していますので買い場探しも一考かもしれません。 
参考にしてみてくださいね。 


上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の11月10日付の「あれから1年 メキシコペソ円」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。 


フィスコマーケットレポーター三井智映子

15-11-2017 詳細
イグニス---株式分割の実施を決議
イグニス---株式分割の実施を決議

イグニス (T:3689)は、スマートフォンアプリの企画開発・運営・販売等を展開。 
主に課金型のアプリを収入源とする。 
ソースゲームやオンラインの出会い・婚活マッチングサービス、メディアサービス、VR、その他多数の事業を展開する。 
オンラインの出会い・婚活マッチングサービス「with」の売上高は順調に拡大中。 


同社は、11月13日開催の取締役会にて、投資しやすい環境整備・投資家層の拡大と同社株式の流動性の向上を目的とした株式分割の実施を決議したと発表した。 

2017年11月30日を基準日とし、同日最終の株主名簿に記載又は記載された株主の所有する普通株式を、1株につき2株の割合にて分割する。 

分割による発行済株式総数は13,412,200株(予定)、効力発生日は2017年12月1日。 
なお、今回の株式分割による資本金の変更はない。 

15-11-2017 詳細
Withdrawal Bitcoin
Withdrawal Bitcoin

注意!
親愛なる投資家とパートナー!
BTCの成長に関連して、今日からこのシステムへの撤退は0.00140000BTCからである。 今日は9.2 $以上です。 このコースでは、ドルでの引き出しは少なくとも$ 10になります。
コミッションСoinpaymentsは、任意の譲渡に対して0.00070000 BTCの時点で変更されています。 今のところ、それは$ 4.6です

14-11-2017 詳細

レビュー

ご意見やご要望はございませんか? すべてのサービスに満足していますか? レビューを投稿する
レビューを投稿する